医療法人社団五聖会 児島聖康病院

岡山県倉敷市児島にある児島聖康病院。介護施設も快適な環境をご用意。外科・内科・胃腸科・整形外科・泌尿器科・皮膚科・肛門科・リハビリテーション科・放射線科。

お知らせ

児島聖康病院から「予防接種のご案内」や「新薬情報のご案内」などの最新情報をお伝えします。


NEWS お知らせ

【バックナンバー】 2009年分|→最新のお知らせへ

NEWS
2009/12/26
update
クリスマス会開催しました

 12月25日(金)当院リハビリ室にてクリスマス会を開催しました。今回は外部ボランティアなごみの会≠フ皆さんをお招きし、クリスマスソングやナツメロを参加者の合唱にあわせて演奏していただき、その幻想的な音色に参加者一同大変驚きました。
 会途中には、院長先生の独唱あり、またプレゼント配布の為のサンタ作りのゲ−ムをし、職員を含め参加者全員が大きな拍手と笑いの中、会を終了する事ができました。
 尚、病状等で参加できなかった患者様には、サンタクロ−スに粉した職員がベッドサイドまでプレゼントを持って行き、皆さんにとても喜んでいただけました。

NEWS
2009/12/01
update
クリスマス会開催のお知らせ

 好例のクリスマス会を12月25日(金曜日)14:00〜当院リハビリ室にて開催いたします。
 みなさんに喜んでいただけるように、楽しい催しものを企画いたしました。

 患者様以外の方も、ご都合のおつきの方はどうぞご参加下さい。
 尚、当日は会場設営の為、リハビリ受診の患者様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご協力下さい。

NEWS
2009/11/01
update
看護助手の募集案内

看護助手の募集案内を新しく追加しました。
(→詳しくはこちらの「求人募集」を参照して下さい。

NEWS
2009/11/01
update
院内職員勉強会開催しました

 当院では、入院患者様におきましては、寝たきりにならないように日々のリハビリ訓練の充実や患者食堂の活用で、離床運動に努めております。
 その際車椅子移動を行いますが、介助する側がいかにして安全に、また介助される患者様が安心して車椅子に移動する事ができるかを、実演を交え、当院PTが講師になり看護師・看護助手・リハビリスタッフ・グル−プホ−ム向日葵スタッフ等を集め学習しました。また、病気の為離床する事が困難な患者様には、褥瘡防止の体転方法やその頻度、また体の固定をどうするのかも併せて学習しました。

NEWS
2009/11/01
update
鴻八幡宮例大祭(秋祭り)

 台風一過の秋晴れのなか、今年も鴻八幡宮例大祭を迎える事ができました。昨年に引き続き、当院地元の沖熊地区のだんじりを始め、近隣地区のだんじりが当院前まで来ていただき、入院患者様や向日葵通・入所者の皆さんの前で、伝統のしゃぎり≠演奏してもらいました。
 幸いにも当日は好天気に恵まれ、暖かい日差しの中、患者様をはじめ一同、勇壮なしゃぎり≠堪能する事ができました。入院患者様のお一人は、数日前の台風で『今年はお祭りができるんじゃろうかぁ』ととても心配されていましたが、当日を迎え、しゃぎり≠フリズムに手拍子や足踏みですごく楽しんでいらっしゃいました。

NEWS
2009/10/01
update
院内職員勉強会開催しました

 最近、当院入院患者様におきましては高次脳機能障害の方々の増加、また、訪問看護等でお伺いしている患者様の高齢化に伴い、『楽しく安全に食事を摂っていくために』と題して、看護師・看護助手・リハビリスタッフ・栄養科スタッフ・訪問看護スタッフ・グル−プホ−ム向日葵スタッフ等を対象に院内勉強会を行いました。
 講師には、日頃嚥下訓練等を行っている当院STが努め、一昨年に同様な勉強会を行いましたが、今回はさらに内容を深め、食事を摂る(摂食)意義から、嚥下の仕組み、摂食時の過誤(誤嚥・過誤性肺炎)、その時の対処法やその予防、食事後の口腔ケア、また実際の現場での課題である食事介助のポイントとその実践方法を、実演を行いながら学習しました。
 尚、今回学習した内容は関係職員に通達し、聖康病院食事マニュアル≠ニいたしました。

NEWS
2009/09/01
update
グル−プホ−ム向日葵入居者募集中

 病院隣接のグル−プホ−ム向日葵にて、現在入居者を募集中です。詳しくは、グル−プホ−ム向日葵までお問い合わせ下さい。
(→グル−プホ−ム向日葵はこちら

NEWS
2009/08/01
update
七夕会開催しました

 7月17日(金)、毎年夏の好例イベント七夕会≠開催しました。当日はあいにくの雨模様でしたが、竜王保育園の園児の皆さんと、倉敷合同民謡会の方々にご協力いただき、患者様、向日葵入・通所者の皆様、また職員も大変楽しく、晴れ晴れとした気持ちで会を楽しむ事が出来ました。

 竜王保育園園児の元気一杯の歌や踊り(とても園児とは思えない程素晴らしかっ たです・・・)から『希望』を、倉敷合同民謡会の皆様には、聞き慣れた民謡を数曲披露してもらい、その歌声や尺八の荘厳な音色、また軽快な三味線のリズムから『癒 し』を私たちは頂きました。あらためて、ご協力いただきました関係各位の皆様に御礼申し上げます。
 さて、年末にはクリスマス会の開催を予定しています。さらに、グレ−ドアップ出来るように、担当職員一同知恵を出し合い盛会になるように頑張ろうと思っております。

NEWS
2009/06/30
update
七夕会開催のおしらせ
   開催日時:7月17日(金曜日) 午後2時より


 毎年恒例の七夕会を7月17日(金曜日)2時から行う予定です。当日は会場設営の為、外来患者様他にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご協力下さい。

NEWS
2009/05/28
update
倉敷市健康診査のお知らせ
   期間:6月〜22年1月まで


 6/1より、平成21年度倉敷市の基本健康診査が始まりました。期間は22年1月までとなっています。尚、当院では、長寿検診・国保特定検診・基本健康診査・胃がん検診・大腸がん検診・乳がん検診・肝炎ウイルス検診・前立腺がん検診・婦人健康診査を受診することができます。
 また、倉敷市在住以外の方でも、胃精密検診・大腸がん精密検診につきましては、実施医療機関となっております。詳しくは病院窓口までお尋ね下さい。
(→お問合せはこちら

NEWS
2009/05/28
update
院内職員勉強会開催しました

 本年5月に開催される第44回日本理学療法学術大会に、当院頓所PTが、高次脳機能障害の患者様のリハビリを通じ、多角的かつ系統的にアプロ−チする事の重要性について経験した一例を発表する事になり、事前講演を院内にて職員に対し行いました。
 その内容は、【高次脳機能障害により難渋した脳卒中片麻痺患者】と題し、高次脳機能障害により様々な問題のある患者様を、長期にわたり多角的かつ系統的にリハビリ訓練を行うことにより、身体障害の改善はもとより、残存運動機能の向上、また、高次脳機能障害による注意障害や記憶障害などの回復が見られ、その結果ご本人のADLの向上がリハビリ評価基準の点数においても、顕著に上昇が認められたというものでした。

 今回の発表を聴講する事により、リハビリ訓練をただ理学療法士が理学療法室内で行うだけではなく、発症からの時期により専門的な運動機能向上につながる訓練を重点的に行ったり、病室に戻っては理学療法士をはじめ、看護師・看護助手による基礎訓練の反復練習や日常生活に必要な行動の練習を、あらゆる方向から、またご本人のやる気を促せられるように、系統的に取り組んで行うことが非常に有用である≠ニいうことを再認識させられました。
 最後に当院院長が簡単に高次脳機能障害といっても、脳の障害部位や損傷の差で患者様お一人お一人様々な症状の違いがある。その事をよく理解し、我々医療人はただやみくもに画一的な治療やリハビリ訓練を行うのではなく、個々の患者様のその時の状態をよく観察して、その患者さまのADLの向上につながる事をまず第一に考え、行動しなくてはいけない≠ニ、総括して終了致しました。

NEWS
2009/03/31
update
言語聴覚士の募集

言語聴覚士の募集は終了しました。
(→他の募集はこちらの「求人募集」をご覧下さい。

NEWS
2009/02/28
update
ケアマネ−ジャ−および薬剤師の募集案内

ケアマネ−ジャ−および薬剤師の募集案内を新しく追加しました
(→詳しくはこちらの「求人募集」を参照して下さい。

NEWS
2009/01/31
update
PACS装置導入のお知らせ

 当院では、院内IT化の一環として、医療画像配信システム(PACS−Picture Archiving and Communication System)を導入致しました。
 この装置は、各種画像装置(例 CT装置や内視鏡装置など)から得られた画像デ−タ−を、院内ネットワ−クを介し各診察室及び各病棟等でリアルタイムにその検査画像を参照・閲覧する事が出来るものです。
 従来レントゲン検査等はフイルムにて診断を行っていましたが、今後は高精細モニタ−を使用し、診断・治療に役立ててまいります。


(PACS装置導入のメリット)
  1. 医師が直接、画像処理や表示条件の変更ができ、従来のフイルム診断より多くの情報を得ることができる。
  2. PACS端末があれば、院内、いつでも・どこでも・また何カ所でも同時に画像をみることができる。
  3. 画像デ−タ−はデジタル化され保存されるので、経年劣化はなく、また、過去の画像も必要な時にすぐに閲覧することができる。

 当院では、これからも患者様にとってより良い医療サ−ビスを提供できるように努力してまいります。

【バックナンバー】 2009年分|→最新のお知らせへ

TOP|お知らせ|病院案内診療案内入院案内介護施設アクセスマップリンク求人情報